今朝、オスカル・グラウCEO、ペップ・セグラ・スポーツマネージャー、そしてセルジ・ロベルトの代理人ジョゼップ・マリア・オロビグが出席したミーティングで、数ヶ月間続けられていた交渉がすべて終了した。正式なサインは今後数日以内に交わされるだろう。

 2006年、当時14歳のセルジ・ロベルトはナスティック・デ・タラゴナからFCバルセロナのカデーテBに移籍した。2010年11月にペップ・グアルディオラに召集されてリーガデビューを果たしたが、トップチームに定着したのは2013年のタタ・マルティーノ時代からである。

 それからのロベルトはスペイン代表に招集されたほか、チャンピオンズリーグ2回、ヨーロッパ・スーパーカップ1回、クラブワールドカップ1回、リーガ4回、国王杯4回、スーペルコパ3回の優勝を経験した。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部