執筆者:Fernando Polo

 バルサとセルジ・ロベルトの交渉については数ヶ月前から進んでいる。ムンドデポルティーボが得た情報によると、オスカル・グラウCEOとペップ・セグラ・スポーツマネージャーは、最近もロベルトの代理人ジョゼップ・マリア・オロビグとの会談を続けている。

 交渉はミーティングのほかメールでも行われており、大筋で合意に至っているようだ。あとは年俸についてお互いがある程度譲歩すればまとまるらしい。ムンドデポルティーボのMiguel Rico記者は、契約解除金は4億ユーロ(約543億円)に設定されるとお伝えした。

 ロベルトはプレミアリーグの複数チームから関心を寄せられているが、本人はエルネスト・バルベルデ率いるチームでのプレー継続を望んでいる。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部