その理由は、イニエスタに負傷のリスクを負わせたくなかったからである。この試合、激しい雨でピッチは非常に滑りやすい状態にあった。水曜日にコパ・デル・レイのエスパニョール戦を控えているため、バルベルデはイニエスタを"温存"することを決めていたのだ。

 そのため、ドンはソシエダ戦に1分間もプレーしていない。後半に起用されたのはウスマン・デンベレ、リュカ・デイニュ、デニス・スアレスだった。厳しい展開のなか、他の選手たちを信頼して逆転に成功したチングリの采配は見事である。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部