執筆者:Roger Torello

 本来ならば数日前にはバルセロナに向けて出発する予定だったミナ。しかし、パルメイラスとバルサの契約はまだ完了していない。情報筋によるとパルメイラスが1200万ユーロ以上を要求しているそうだが、数日中には締結されるとのことだ。

 ミナはパルメイラスのトレーニングセッションに参加していたが、昨日クラブの許可を得てサンパウロから出発している。エル・プラット空港に到着するのは火曜日の午後の予定だ。バルセロナに到着後、メディカルチェックを受けて契約書にサインすることになる。

 ジェリー・ミナの加入が正式に決まった場合、バルサにとってはフィリペ・コウチーニョ、パウリーニョに続く3人目のEU圏外選手になる。ルイス・スアレスは妻ソフィア・バルビがイタリア市民権を保有しているため、この枠には該当しない。ちなみにミナはクラブ史上初のコロンビア人選手になる予定だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部