執筆者:Roger Torello

「とても満足していると同時に幸せを感じている。夢が実現したんだ。神様、両親、妻、家族のおかげでここに来ることができた。特にリヴァプールには感謝している。5年間僕を応援してくれたファンにもね」コウチーニョはそのような言葉で話し始めた。

 コウチーニョは今シーズンすでにリヴァプールの選手として出場しているチャンピオンズリーグに出場することはできない。また、メディカルチェックで右太ももに全治20日間の負傷が確認されているため、いくつかの試合を欠場することになるだろう。「僕の夢はここに来ることだった。負傷ですぐにはプレーできないけど、契約は5年半なので時間は十分にあるよ」

ネイマール、パウリーニョ、ルイス・スアレスからのアドバイス

 バルサにはパウリーニョやルイス・スアレスという友人がいるため、コウチーニョはバルサのドレッシングルームで孤独ではない。バルサ移籍が決まったあとは、ネイマールが祝福したことも明かしている。「ネイは昨日おめでとうと言ってくれたよ。ルイス・スアレスはたくさんのメールをくれて、バルセロナの家探しを手伝ってくれた。また一緒にプレーできることがうれしい。なぜレアル・マドリードやパリ・サンジェルマンを選ばなかったのか?バルサは世界最高のチームだし、僕にとってのアイドルがたくさんいるからだよ」

バルサ史上最高額の選手

 コウチーニョはクラブ史上最高額の選手になることを恐れてはいない。「とても名誉なことだと思っている。繰り返すけど、ここに来ることが夢だった。もちろんお金が話題になることは理解しているけど、僕の目標はバルサでプレーすること、ここでタイトルを勝ち取ること、ファンを幸せにすることだ。バルサの選手になれたことがまだ信じられない。チームメイトとトレーニングをするまで実感がないと思う」

ネイマールとメッシ

 ブラジル代表でネイマールとプレーするコウチーニョだが、今度はクラブチームでメッシとプレーすることになった。コウチーニョはこの2人の比較を避けたが、メッシとプレーできることを光栄だと話した。「彼らは2人とも素晴らしい選手だ。何かを比べる必要はない。僕は代表でネイマールと一緒にプレーしている。これからはクラブチームでメッシとプレーできることをとてもうれしく思っている。光栄だよ」

どのポジションでもプレーできる

 バルベルデが言うように、コウチーニョの優れた特徴のひとつがそのユーティリティー性だ。コウチーニョは自身のポジションについては次のように説明している。「僕が好きなポジション?チームの一員としてプレーできればどこだってかまわない。監督が決めた場所でプレーするよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部