ユムティティは24日から26日までの祝日を除いたすべての期間をクラブのトレーニング施設で過ごした。このフランス代表がコンディション調整に努めた結果、当初予定されていたよりも早い段階でリハビリが進んでいる。

 一方、ラフィーニャとデウロフェウについては、今冬の移籍市場でバルサを退団する可能性がある選手たちだ。リヴァプールからフィリペ・コウチーニョを獲得し、さらにウスマン・デンベレが復帰すれば、ラフィーニャやデウロフェウの出場時間は大きく減ることになるだろう。

 このような状況から、両選手とも期限付き移籍ではなく完全移籍も視野に入れながら、それぞれの活躍先を模索しているという。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部