ビラ・オリンピカは育成型クラブだ。バルセロナにはバルサやエスパニョールなど、非常に強力な下部組織を要するクラブが少なくないが、ビラ・オリンピカはそれらのクラブと肩を並べて戦っている。

 木曜日、ビラ・オリンピカはインスタグラムに「今後2シーズンに渡ってシャビ・エルナンデスが新監督を務めることになる」「我々取締役会は、育成年代を指揮することで、この元FCバルセロナのミッドフィルダーと合意したことを発表する」と投稿した。シャビはアル・サッドで選手生活に別れを告げたあと、地元バルセロナで指導者としてのキャリアを歩むことになるというわけだ。

 と、ここまでのニュースをどれほどの人々が信じたかは分からないが、これはジョークであり真実ではない。ビラ・オリンピカがこれを投稿した12月28日はディア・デル・イノセンテ(スペインのいたずらの日でエイプリルフールのようなもの)。つまり、ビラ・オリンピカのユーモアある書き込みなのだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部