執筆者:Xavier Bosch

 注目するデータはその得点の多さだ。前述の7勝のうち、6試合でバルサは3ゴール以上決めている。4ゴールが2試合、6ゴールも1試合ある。もしドン・サンティアゴ(元マドリード会長)が聞いたら、きっと大きなショックを受けるに違いない。

 ただ、長い歴史を振り返ると、バルサがベルナベウで3ゴール以上決めた試合はそれほど多くない。初めて3ゴールを決めたのは1965年12月19日に行われた試合だった。その後は1974年の0-5、テリー・ヴェナブルズ監督時代の1984年の0-3、ジオヴァンニの挑発行為が印象的だった1997年の2-3、ロナウジーニョがいた2005年の0-3だけである。

 近年のバルサがベルナベウで多くのゴールを決めている理由?その答えは誰もが知っていると思う。レオ・メッシが活躍しているからだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部