クリスティアーノが5つめのバロンドールを受賞したあと、レアル・マドリードは2017年に5つめのタイトルとなるFIFAクラブワールドカップを制している。この大会の決勝戦のあと、マドリードでのプレーを続ける意思があることを明言したCR7だが、ここで引退することについては「自分だけで決められることではない」と語っていた。

 クリスティーアノの希望は、バロンドールを争ったレオ・メッシやネイマールらと年俸で並ぶことだ。この2人が手にする給与は、2016年11月に契約を更新したクリスティアーノのそれを上回っている。

 この問題が解決できなければ深刻な状況を招きかねないと判断したペレスは、クリスティアーノと会談を行い、そして説得した。シーズンが終了すれば、CR7の年俸はメッシやネイマールと並ぶものになるだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部