執筆者:Roger Torello

 テバスはこの件を次のように語っている。「パシージョが作られようと風船が飛ばされようと、話題にするほどのことでもない。私にとってはどうでもいい問題だよ!何の重要性もない。バルサがパシージョを作らないと決めたのなら、それでいいじゃないか」

 また、日曜日に行われたデポルティーボ戦で、ルイス・スアレスの明らかなゴールが認められなかったことにも触れたテバスは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の重要性を改めて強調した。「VARがあれば起きなかった問題だ。LFPはVAR導入に向けて動いている。来シーズンには解決されることを願っているよ」

 今シーズン、バルサがゴールを認められなかったのは、レアル・ベティス戦、バレンシア戦に続いてこれが3つめだった。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部