執筆者:Roger Torrello

 2016-17シーズンに34試合で37ゴールを決めたリオネル・メッシは、『Marca』紙が主催するアルフレッド・ディ・ステファノ賞(リーガ年間最優秀選手賞)とピチーチ賞(リーガ得点王)のイベントに出席した。インタビューを受けたクラックは、サンティアゴ・ベルナベウで行われるクラシコに向けての意気込みを語っている。

 チームメイトへの謝辞を述べたあと、「今シーズンの目標はクラブでタイトルを獲得すること」と話したメッシは、土曜日に行われる大一番について次のように語った。「この試合は重要な意味を持つ。相手はマドリード、しかもアウェイ。まだ多くの試合が残っているけど、もしここで勝つことができれば僕たちにとっては大きなアドバンテージになる。絶対に勝ちたいね」

 昨シーズンにベルナベウで行われたクラシコは、メッシが主役だった。スタンドを埋め尽くしたマドリディスタに向け、自分のユニフォームを見せつけた場面は記憶に新しい。「クラシコに勝って今年を締めくくり、幸せなクリスマスを過ごせたら最高だ」背番号10はそのように語った。

決勝はスペイン対アルゼンチン

 ワールドカップについての質問を受けたメッシには、決勝戦の対戦カードがスペイン代表対アルゼンチン代表になる可能性についてコメントしている。「夢のような話かもしれないけど、もう一度決勝の舞台に立てたら最高だね。そのためにも、まずはグループステージを突破しなくてはいけない。簡単なことじゃないよ」


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部