執筆者:Joan Hernandez

 ゴールが多いのはメッシのほうで、この3年間で5試合に出場、9得点を挙げている。レオはデポルティーボがプリメーラ・ディビシオンに復帰したシーズン、アウェイでハットトリックを達成した。過去すべての対戦成績をさかのぼると、総得点は18点になる。

 一方のスアレスは5試合出場で6得点を決めた。最近3試合で連続ゴール中である。2016年4月20日にリアソールで行われたリーガ第34節ではポーカーを達成している。この試合はバルサの0-8の勝利に終わった。

 ただ、メッシとスアレスに勢いはあるものの、バルサにとっても良い結果が続いているわけではない。通算成績にフォーカスすると3勝2分1敗であり、昨シーズンに行われたリーガの試合でもやはり苦戦を強いられている。クラシコをレアル・マドリードとの勝ち点差11で迎えるためには、この南米コンビの爆発が必要不可欠だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部