あの試合、ベンチ入り禁止処分を受けていたマルセリーノは、スタンドから観戦している。試合後のインタビューでは、このゴールに対するコメントはなかったが、昨日出演した『Radio Marca』で次のようにコメントした。「バレンシアとバルサの試合であんなことが起きてしまったら、論争に発展するのは当然だよ。例え副審が見逃していたとしても、テクノロジーが導入されていれば、フェアなジャッジが下されていたと思う」

 リーガの優勝争いについて質問されたマルセリーノは、バルサがリードしていると語っている。「どのチームよりも有力だ。しかし、現時点で決定的なチームはまだ存在しない。優勝候補を挙げるのは難しいね。確実なのは、我々も優勝争いに加わっているということだ」

 ライバルのひとつであるレアル・マドリードについては、その選手層が薄くなったことを指摘した。「マドリードは、昨シーズンのチャンピオンズを優勝したとは思えないくらい弱くなった。この1年で明らかにポテンシャルを失っているね」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部