第1戦を0-3で勝利して大きなアドバンテージを手にしているため、エルネスト・バルベルデは第2戦に主力を温存する予定だ。この数名の選手たちには、サプライズで休暇を与えている。

 指揮官に休みをもらったのは、セルヒオ・ブスケツ、アンドレス・イニエスタ、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバ、サミュエル・ユムティティの6人だ。いずれもここまで多くの試合に出場しており、疲労の蓄積を考慮した判断だろう。

 このメンバーには月曜日と火曜日に2日間のオフが与えられた。彼らがチームに合流するのは水曜日の11時に始まるセッションになる。残りの選手たちは、月曜日からシウタット・エスポルティーバで非公開トレーニングを行った。

 次のムルシア戦で、バルベルデは再び若手選手を起用すると思われる。第1戦でもカルレス・アレニャ、ホセ・アルナイス、マルク・ククレジャがピッチに立った。水曜日の試合では、他のカンテラーノにもトップチームデビューを飾るチャンスが訪れるかもしれない。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部