バルセロナでは"タケ"と呼び親しまれていた久保は、サンフレッチェ広島戦の67分に永井謙佑と代わってピッチに入った。16歳5カ月22日でのデビューは、Jリーグでは史上3番目の若さだそうである。

 U-20日本代表でもある久保はプレーに積極的に絡み、約30分間の出場で自身のクオリティの高さを証明している。残念ながらFC東京は1−2で敗れてしまったため、勝利に貢献することはできなかった。

 今回、リーグ戦でデビューした久保だが、5月には国内カップ戦でコンサドーレ札幌戦と大宮アルディージャ戦の2試合でプレーしている。

 久保がクラブを離れたあとも、バルサは常にその動向を追っている。最近、パリ・サンジェルマンが久保に興味を持っていると報道されたが、バルサは何も心配していない。久保の目標が、バルサの選手としてカンプ・ノウでプレーすることだからである。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部