なぜなら、両者の関係はすでに修復されており、当事者たちが事件を振り返ることもなかったからだ。しかし、先日フランスのラジオ局『Europe 1』のインタビューに応じたアビダルは、そのうちの1つのエピソードを明らかにしている。

 事件が起きたのは、グアルディオラがトップチームの監督に就任した直後のプレシーズンツアー中だったという。ある日、アビダルがトレーニングを行っていると、グアルディオラからいきなり怒られたそうだ。「ペップが怒鳴りながら近寄ってきた。いつもアンリとフランス語でしゃべっているが、スペイン語で話せと非難されたんだ」

 しかし、アビダルも黙っていなかった。「オレはあんたの子供か?そんなこと言われる筋合いはないね!って返したよ。そして次にこう言ってやったんだ。カタルーニャ人選手たちはカタルーニャ語を話してるじゃないか?なんでスペイン語を話さないんだ?」

 これに対してペップはさらに激しく怒り出し、またアビダルも一歩も引かなかったため、トレーニングセッションは修羅場と化したという。アビダルは帰国後、当時のジョアン・ラポルタ会長に説明を求められることになったそうだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部