クロアチア代表がプレーオフでワールドカップ出場を決めたことについて、ジャンルイジ・ブッフォンに何かアドバイスはあるかと聞かれたラキティッチ。「私がブッフォンにフットボールの何をアドバイスできるっていうんだい?」と答えたあと、イタリアの伝説的ゴールキーパーにエレガントなメッセージを送っている。

「もし可能なら、私が得たワールドカップでの居場所をブッフォンに譲りたいよ。どんな子供たちでも、自分のベストイレブンのゴールキーパーにはブッフォンを選ぶくらいだからね」

「あの試合後の彼の涙を見た誰もが、同じように涙を流したはずだ。言葉が見つからない。彼ほどの選手がワールドカップで引退することができないなんて・・・。できることなら、明日にでも彼に私の出場権を渡したい。自分はまだこれからチャンスがあるからね」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部