執筆者:Angel Perez

 マルクが鮮烈を離れる原因を作ったのは、スポーツマンシップに反する悪質なタックルだ。日ごろのトレーニングで受けているものとは比較にならないほど激しい当たりで、明らかに不必要なものだった。チームトレーニングに参加できないマルクだが、理学療法を受けるために、毎日バルセロナ市内の自宅からシウタット・エスポルティーバまでタクシーで通っている。

 マルクは2週間前から復帰に向けたリハビリを開始した。まだピッチに足を踏み入れることはできないものの、その日が来るのは遠くないだろう。毎日チームメイトと顔を合わせ、週末には必ず試合会場まで足を運んでいる。また、試合に召集される可能性が無いにも関わらず、メンバー発表の場にも出席を続けているそうだ。

 今回のような大きな負傷が発生した場合、バルサ指導部からその家族へ定期的なコンタクトが始まる。けがに苦しむ選手への特別なフォローアップだ。マルクは年齢以上に成熟した人間であり、今回の負傷を受け入れ、治療に専念しているという。このように、クラブは選手とその家族を可能な限りサポートしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部