このインターナショナルウィークにおけるバルサの選手たちの出場時間はトータル1,834分。マドリディスタの1,721分よりも長い。また、2試合ともフル出場した選手は、バルセロナが5人(ラキティッチ、シレッセン、マスチェラーノ、ユムティティ、フェルメーレン)で、マドリードは2人(ヘスス・バジェホとカゼミーロ)だけである。ルカ・モドリッチについては、1試合目は89分で交代、2試合目はフル出場しているが、それでもバルサのほうが人数は多い。

 選手の数ではなく試合数を見ても、各チームのメンバーがフル出場した数は、バルセロナのプレーヤーたちの合計が16試合。マドリードは13試合だった。

 レアル・マドリードはイスコが軽傷を追っているが、土曜日に行われるアトレティコ・マドリード戦までには全快する見通しだ。これに対して、バルサはハビエル・マスチェラーノが全治まで約4週間かかるけがを負っている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部