執筆者:Manuel Bruna

「カタルーニャ州には4つのクラブ(FCバルセロナ、RCDエスパニョール、ジローナFC、ジムナスティック・タラゴナ)が存在するため、独立問題は大きな論争を起こすと言われていたが、幸いなことに予想していたよりも騒ぎはずっと小さなものだった」

 そのように話し始めたテバス会長は、バルサについて言及した。「カタルーニャ州において、FCバルセロナは難しい立場にいる。ジョアン・ラポルタ会長時代、貴賓席にはアスタラーダ(カタルーニャ分離主義者によって振られる非公式旗)こそ掲げられていなかったが、ラポルタ会長本人は独立を希望していたと思う。今のバルサは独立を呼びかけてはいないものの投票を促している。私に言わせればそれは間違いだよ」

「最近カンプ・ノウで行われる試合では、アスタラーダや私の好きなサニェーラ(カタルーニャ国旗)を見なくなった。英雄になることが求められない場所で、むやみに行動を起こすべきではない。私は最近カタルーニャに滞在していたが、バルコニーから初めてスペイン国旗を見たよ。5年間で初めてだった。これが3年前だったら、バルサの立場もまた異なっていたと思う」

 テバス会長は、カタルーニャ独立の可能性に反対していた理由を次のように説明した。「人々が思っていることを自由に口にできる社会は、民主的に成熟しているといえる。だが政治的に正しいと言われていることも、私にとっては間違っていると思うものばかりだ。私は息子から"なぜテレビと家では違うことを言っているのか"などと言われたくないから、思っていることを素直に口にする。セクト主義者じゃないよ。法律は守るために存在するのであり、それを破れば反逆になる。刑務所に入ることになるんだ。だから安易な騒動は起こすべきではない」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部