8歳の選手を例に挙げると、彼らはプロチームに上がるまでに6段階の社会活動に参加することになる。ベンハミン(8-10歳)は養護老人ホーム、アレビン(11-12歳)はオープンセンター、インファンティル(13-14歳)は身体および精神障害者施設、カデーテ(15-16歳)は知的障害者施設、フベニール(19歳以下)は小児疾患および神経障害者施設で活動する。

 プロジェクトは11月から始まっており、2017-18シーズンの活動は来年3月末に終了する予定だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部