執筆者:Fernando Polo

 ヴセヴィッチはスプリト出身のクロアチア人だ。1988年にハイドゥク・スプリトでキャリアをスタートさせると、1992年に21歳の若さでヨハン・クライフ率いるバルサに引き抜かれる。しかし、当時のスペインは同時に3人までしか外国人選手を起用できなかったため、ルイス・フィーゴ、ゲオルゲ・ハジ、ロナルド・クーマン、ミカエル・ラウドルップ、ロマーリオ、フリスト・ストイチコフらがいたトップチームでプレーすることはできず、クライフによってバルサBに送られた。

 1994-95シーズンには前所属クラブのハイドゥク・スプリトにローン移籍している。翌シーズン、当時プリメーラ・ディビシオンのメリダにローン移籍したあと、1997年にドイツのケルンに完全移籍した。1999年に再びハイドゥク・スプリトに戻ったヴセヴィッチは、2001年にブーツを壁にかけている。30歳での引退だった。

 その後はハイドゥクでアシスタントコーチを務め、トップチームの監督にもなった。 
 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部