翌日に女子ワールドカップ欧州予選を控えていたマルテンスは、ロンドン・パラディウムで行われた表彰式に出席することはできず、代わりに代表合宿でトロフィーを受け取ることになった。

 表彰式でFIFAが紹介したビデオでは、オランダ代表のチームメートたちによるチャントと共にリーケ・マルテンスが登場、トロフィーを受け取る様子が見られた。マルテンスは「全ての人に心から感謝しています。チームメート、監督、コーチ、私の家族、特に父と母といった人々の支えがなければ、このような賞を受賞することはできませんでした。全ての感謝の意持ちを伝えたいです」と喜びと感謝の気持ちを伝えている。

 リーケ・マルテンスは、8月にUEFA欧州女子最優秀選手賞も受賞している。このとき受賞を争ったのは、デンマーク代表ペルニレ・ハーダー(ヴォルフスブルク)やドイツ代表ジェニファー・マロジャン(オリンピック・リヨン)だった。

 今回の受賞の大きな理由は、UEFA欧州女子選手権でオランダ代表が優勝したことや、マルテンスが大会MVPに選ばれたことだろう。この大会のあとにバルサへの移籍を果たしたマルテンスは、リーガとチャンピオンズリーグの舞台でもそのクオリティを証明している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部