これまでムンドデポルティーボでは、クラブがチーム強化のために獲得を検討している選手(フィリペ・コウチーニョ、アントニー・マルシャル、レオン・ゴレツカ)の情報を伝えてきた。バルベルデは1月の補強を検討しているが、ネットユーザーも同意見であるらしい。

 ムンドデポルティーボがツイッターで行なった「バルサは冬の移籍市場で選手を獲得する必要がある?」というアンケートの結果は明らかなものだった。約4,000のリアクションにおいて、選手補強を支持する回答が81%で、現状維持を回答したのは19%に過ぎない。

 ムンドデポルティーボのフォロワーの意見は明白だが、クラブがどのように考えているのか、1月に新たな選手を獲得するかはまだ断言できない。シーズン開幕からここまで好調な成績を収めてきたチームではあるものの、エルネスト・バルベルデがこれを維持することになる可能性は低いと見られている。いずれにせよ、それはもうすぐわかるだろう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部