だから、エクアドル戦でアルゼンチン代表にロシア行きの切符をもたらしたあと、歓喜に沸くドレッシングルームで、ベンチの上に裸で立ち、腕を高く振り上げるメッシの姿は、我々の目にはとても貴重なものに映る。

 これまでもメッシは、どちらかといえばバルサより代表のときに感情を出すと言われていた。今回の動画は、それが証明されることになったかもしれない。「さあキャプテンのメッシに手を向けよう」「みんなで逆転してやったぜ」「愛してるメッシ」彼らはメッシに向かってそのように歌っていた。

 ちなみにこの動画を撮影したのは、選手やチーム関係者では無いようだ。ソーシャルネットワークを通じて拡散されたこの動画を"盗撮"したのは、ドレッシングルームに侵入した母国の記者やファンでは無いかと言われている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部