インファンティーノ会長は、ディエゴ・アルマンド・マラド−ナと比較しながら、お気に入りメッシのへの愛情を再び示している。「メッシは別格だよ。80年代から90年代にかけて活躍したマラドーナに対して、メッシはこの10年間でひとつの時代を築いた」

「レオがワールドカップで優勝しないままキャリアを終えるのはフェアじゃないね。もちろん、過去の偉大な選手たちのなかにも、優勝を経験していない選手は多い。優勝したのにそれほどじゃない選手もいるが、最終的には優勝に相応しければ勝ち取れる。ワールドカップなそんな大会だ」

「彼のプレーを見ると、誰も触れないような気がしてくる。ボールではなく彼の足を蹴ろうとしても、速すぎて不可能だ。けがもしなければ病気にもならない。本当にすごい選手だよ。メッシはフットボールを通して、人々の心をつかむ存在だ」

 インファンティーノ会長は、メッシが2022年のカタール大会にも出場することを信じているという。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部