執筆者
Xavier Bosch

 ジェラール・デウロフェウはナチュラルな代役候補だった。デンベレが加入するまでほぼ全ての試合で先発し、レアル・ベティスとの開幕戦では2ゴールを生み出している。しかし、低調なパフォーマンスに終始したSDエイバル戦でベンチに下げられてからは1分も出番を与えられなくなった。

 アレイクス・ビダルはサイドバックとしてはいまだ納得のいくプレーを見せていないが、ウイングとしては2アシストを記録している。だがラス・パルマス戦では3度のパスミスを繰り返した後、ハーフタイムで交代。代わりに入ったデニス・スアレスは自信を持ってのびのびとプレーし、1対1の突破力を発揮しただけでなく、リオネル・メッシのゴールにつながるパスを通した。

 4人目の候補はもちろんセルジ・ロベルトだ。真のマルチプレーヤーである彼はどんな役割にも対応でき、常に高いパフォーマンスを保証してくれる。

 4人の候補を見定めた後、バルベルデはワンダ・メトロポリターノのアトレティコ・マドリード戦でキャスティングの勝者を発表することになる。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部