執筆者
Lorea Bakero

 9月30日土曜日、シウタット・エスポルティーバで行われたサンタ・テレサ戦は、10-0という圧倒的のものだった。この試合の75分と90分に1ゴールずつ、計2ゴールを決めたアンドレッサ・アウベスは、リーガ・イベルドローラの得点ランキング首位に躍り出ている。

 ここまでブラジル人フォワードは、第1節レアル・サラゴサ戦で2ゴール、第2節フンダシオン・アルバセテ戦で1ゴールを決めていた。開幕戦から唯一ゴールがなかった試合は、第3節のレアル・ソシエダ戦だけである。

 ピチーチ(得点王)ランキングの2位には4ゴールのチャルリン(レバンテUD)、ナタリア・パブロス(ラーヨ・バジェカーノ)、クキことミリアム・ロドリゲス(フンダシオン・アルバセテ)が並んでいる。

 3位は3ゴールを決めているネカネ(アスレティック・ビルバオ)、ヘンニ(セビージャFC)、マリ・パス(バレンシアCF)、マルタ・トレホン(FCB)、アルバ(フンダシオン・アルバセテ)、アレクシア・プテージャス(FCB)、ハデ(マドリードCFF)、マルティーナ・ピエモンテ(セビージャFC)の8人だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部