執筆者
Xavier Bosch

 シュスターは1980~88年までバルセロナでプレーしたドイツ人ミッドフィルダーで、西ドイツ代表としてもプレーした経験がある人物だ。

 シュスターの語ったなかには、FCバルセロナの歴史も含まれる。例えば1984~87年にバルサで指揮を執ったテリー・ベナブルズとの関係、セビージャで行われた1986年のUEFAチャンピオンズカップ決勝での出来事(PKでルーマニアのステアウア・ブカレストに敗北)、レアル・マドリードへの移籍、ディエゴ・マラドーナとの意思疎通などだ。

 なかでも1時間近くに渡るインタビューで最も重要だったテーマは、マラドーナがバルサでプレーした2シーズンについて。シュスターによれば、当時はマラドーナが全て解決してくれるだろうと考え、他の選手たちは全力でプレーしていなかったという。

 しかしマラドーナがナポリに移籍した後はロッカールームが団結し、選手個々が全力を出してプレーするようになった。シュスター自身も、ディエゴが去りベナブルズが監督に就任した後に最高のプレーができたと認めている。

 当時は火中の栗を拾い上げてくれたマラドーナがいなくなったことで全員が歯を食いしばり、リーグタイトルを勝ち取った。それはネイマールを失った今季のバルサと似ている。なぜなら、以前はトリデンテが解決してくれるのを待っていた選手たちが、一歩前に踏み出し、チームとして戦うようになっているからだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部