ウナイ・エメリ監督が与えた2日間の休暇が終わり、PSGは再びカン・デ・ロッジュでトレーニングを開始する。日曜日の試合でフリーキックやペナルティのキッカーをめぐって衝突した2人だが、フランス紙『L'Équipe』によると、両者とも歩み寄っているという。

 水曜日、ネイマールとカバーニは、トレーニングが始まる1時間前に施設に到着していた。オーナーのナーセル・アル=ヘライフィー氏からの要請を受けたアンテロ・ヘンリケ・スポーツディレクターが、三者面談を行うためだった。しかし、この面談は少なくともセッションの前には実現していない。その代わり、ネイマールとカバーニの2人だけの話し合いが行われたようだ。

経済的解決策

 いくつかのメディアによると、PSGは、得点王で100万ユーロ(約1億3,000万円)を支払うというカバーニへのボーナス条件を変更する一方、ネイマールにも別のオプションを提供して、問題を解決しようとしているようだ。

 そのインセンティブについては、シーズン中にお互いが協力しなければ達成するのが難しいものになるといわれている。ネイマールとカバーニがボールを奪い合うのではなく、ゴールをアシストを譲り合うようなものができればいいが。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部