1年以上前、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の存在を社会に広めて研究資金を調達する目的で、"アイス・バケツ・チャレンジ"が社会現象化した。そして現在、アルゼンチンではあるキャンペーンが行われている。

 #Decabezaporloschicosは、アルゼンチンの都市メンドーサの子どもたちに資金を調達する目的で、有名人を結びつけるためのハッシュタグだ。この運動で集められた寄付は、腫瘍学的疾患を予測するための磁気共振器の購入に使用される。

 このキャンペーンに参加した河北華夏の"エル・ポチョ"ラベッシは、友人であるマスチェラーノにも動画を投稿するように挑戦状を出した。"アイス・バケツ・チャレンジ"が頭から冷たい氷水をかぶったのに対して、この"デ・カベーサ・ポル・ロス・チコス(子供たちのために頭から)"は、その名の通り逆立ちするものだ。



 これはレオ・メッシが援助したサン・ジョアン・デウ病院のキャンペーンに似たものである。こちらは小児腫瘍学を専門としたヨーロッパ最大のセンターを設立することを目的としていた。キャンペーンの中で子どもたちは、レオの顔にペイントを施している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部