2003年より国際審判員となったスコミナ主審は、昨シーズン、FCバルセロナ対ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦でも笛を吹いている。

 この試合は1-2でバルサが勝利を収めたが、過去に同レフェリーが主審を務めた試合を振り返ると、アスルグラナにとっては決して良い思い出ばかりではない。

 2013年にカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのバイエルン・ミュンヘン戦では、そのジャッジが結果に影響していないとはいえ、バルサは0-3の大差で敗れている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部