今回の更新で延長された契約期間は3年。FCバルセロナが大きな期待を寄せる若者は、2つの条項が加えられた契約書にサインしている。ひとつは7,500万ユーロ(約97億円)という契約解除金の設定。もうひとつは、トップチームでプレーするようになった際に、さらに契約が2年延長されるというものだ。

 シウタット・エスポルティーバのオフィスにあるFCバルセロナのエンブレムを後ろに、ジョゼップ・マリア・バルトロメウ会長との記念撮影を行ったあと、アレニャはソーシャルネットワークに、次のようなメッセージを投稿した。「夢のクラブカラーを背負い続けられることを誇りに思うよ!みんなに感謝している!!フォルサ・バルサ!」

 現在は主にバルサBでプレーするアレニャだが、2016年11月に行われた国王杯のヘルクレス戦でトップチーム・デビューを果たした。リーガでは2017年4月2日のグラナダ戦で、ルイス・エンリケ前監督が途中交代で出場機会を与えている。

 アレニャは、フットボールを始めたプレ・ベンハミン(9歳以下のカテゴリー)からラ・マシアで育成を受けている。2016-17シーズンは、バルサBで29試合、累計2,385分間プレーしており、2部昇格の立役者のひとりだった。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部