ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が説明した翌日、代表戦を終えてエル・プラット空港に到着したアスルグラナのキャプテンは、ひとこと「ノー」と答えた。ムンドデポルティーボの質問は「契約更新の基本合意に至ったことは確かですか?」だった。

 この件について、イニエスタの父親はムンドデポルティーボに4つコメントした。まず「私は毎日息子と話しているから状況をよく知っている。アンドレスは真実と異なることは絶対に言わない人間だ」と語り、そのあと「契約更新について賭ける?ギャンブルはしないよ。いつも負けるから好きじゃないんだ」と続けた。
 
さらに「プロ選手としてバルサとは戦いたくないから、ブラウグラナ以外のユニフォームを着ることはないだろうね」と話したあと、最後に「あと2~3年はこのチームで良い仕事ができるはずだ」と付け加えている。

【商品ページ】FCバルセロナ プレスティージ 4号球

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部