現在、カタールのアル・サッドでプレーする元バルサのカピタンは、今のアスルグラナを次のように分析する。「私がいたころのチームには獣のような荒々しさがあったが、今のチームは少し違う。フットボールとしてのプレーは悪くないけど、もっと力強くプレーできるはずだ。5~6年前のバルサは世界最高だった。そして世界のフットボールを支配したあと、今チームは少し眠っている状態だと思う」

システムに合う選手、合わない選手

 シャビによると、現在のバルサのシステムを支えているのはイニエスタ、アルバ、メッシ、ピケ、ルイス・スアレス、ブスケツの6人だそうだ。しかし、試合をするためには11人の選手をそろえる必要がある。シャビは、今夏のバルサが「システムに合わない選手を補強した。もっと良い補強ができたかもしれない」と主張する。

カンテラからの底上げがない

 シャビはカンテラからのピックアップが少ないことも指摘した。「バルサが最高のシーズンを送っているとき、トップチームの最大6割がカンテラーノだった。もっと下部組織の選手に注目しなくちゃいけないよ。ティアゴ(アルカンタラ)のようにチャンスを求めてクラブを離れた選手もいる。カンテラの選手の起用は忍耐が必要なんだ」

すべてが分析される唯一のクラブ

 シャビが言うには、バルサは"世界で最も難しいクラブ"である。その理由を「バルサには勝利だけでなく良いプレーが求められるからだ」と語った。「マドリードは勝てば許される。でもバルサは、前半も後半も試合を支配して、例え勝っていても攻め続けなければいけない。すべてのプレーが評価されるんだ」

マドリードは同じ方向を向く

「レアル・マドリードはチームの状況が悪くなると、選手、ファン、スタッフ、メディアが同じ方向を向く。バルサは違う。会長の任期は6年だ。チームへの意見も決して統一されることは無い。選手だけでなく、あらゆる人間にとって成功するのが難しいクラブなんだよ。バルサとマドリードの違いを挙げる良い例がパウリーニョの獲得だ。昔、コンフェデレーションズカップで対戦したことがあるけど、私とイニエスタは彼に完全に封じ込められた。そんな素晴らしい選手を獲得しても、バルサを批判する人がいるからね。もしマドリードがパウリーニョを獲得していたら、誰も批判していなかっただろう」

アイデアに忠実に

「バルサがアイデアを放棄するとは思っていない。多くのタイトルを獲得したときと同じことを繰り返そうとしている。例えば、クライフが到着したときは特別だった。世界中のフットボールファンが恋に落ちたんだ。そのような特別なアイデアを放棄することはできないよ。バルサは他のクラブと同じことはしないはずだ」

メッシは唯一無二の存在

 シャビはレオ・メッシを「チームプレーと個人プレーのマスター」と称える。契約更新が遅くなったことについての言及は避けたが、「メッシにはメッシの権利がある」と語った。また、現在のフットボールでは監督ばかりがフォーカスされるが、「主役はあくまでも選手だ」と主張。バルサがバルベルデ監督を選んだことは「正しい決定だった。私は彼のことが大好きなんだよ。バルベルデ監督はバルサに合った提案をしている」とコメントしている。

バルサの監督は短期間では無理

 将来、バルサの監督をやる可能性については、次のように語った。「もし実現すれば光栄なことだ。しかし、短期間では難しい。タイトルを獲得するまで、少なくとも2~3年間は働きたいと思う」

【商品ページ】レオ・メッシ直筆サイン入り FCバルセロナ ホームユニフォーム 16/17

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部