「パウリーニョはブラジルを代表する選手だ。今のチームに彼の特徴を持っている選手はいない。別の視点から我々をサポートすることができるパワーを持った選手である」指揮官は、同選手の獲得が妥当なものであったと語った。

 しかし、パウリーニョの獲得で、セルジ・サンペルがポジションがを失うことになる。バルベルデは数日前、セルジ・サンペルと話し合い、そこでローン移籍を勧めたことを認めた。

「彼と話をしたのは本当だ。出場時間に恵まれないという、サンペル、クラブ、我々が望んでいなかったローン移籍を終えて、彼はここに戻ってきた。だがここでも彼はわずかな出場時間しか得られないだろう。将来有望な彼に、成長するためのアイデアとして話した」

 さらにバルベルデは、アルダ・トゥランの優先順位が高くないことも隠さなかった。

「彼が実力を取り戻せるかどうかは分からない。これまでは重要な選手だったし、クラブも彼に大きな投資をしている。しかし、ここでは全てがパフォーマンス次第だ。現段階で、私は他の選手を選択しようとしている」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部