議論の対象となる大きな出来事が試合終了10分前のクリスティアーノ・ロナウドの退場だろう。C・ロナウドはレッドカードを提示されると我を失い、デ・ブルゴス・ベンゴエチェア主審の背中を押して判定に対する不快感を露わにした。

 ベンゴエチェア主審は、C・ロナウドがサミュエル・ユムティティとバルサのペナルティエリア内でボールを奪い合った際にPKを狙ったシミュレーションの判定で2枚目のイエローカードを提示、退場にしている。だがこのプレーはPKでもシミュレーションでもなく、単にC・ロナウドがボールを失う瞬間にバランスを崩し、倒れ込んだものであったように見える。

 結果的にC・ロナウドは得点後にユニフォームを脱いだ際の1枚目のイエローカードと、このシミュレーションによる2枚目のカードにより、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのスーペルコパ第2戦は出場停止となる。




【商品ページ】FCバルセロナ BRT S/S ホーム ユニフォーム 17/18 (スポンサーロゴ無し)

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部