フェルメーレンはタラナゴMFセルヒオ・テヘラのタックルを受けた後、ノウ・エスタディ(タラゴナの本拠地)でプレー続行が不可能となった。左膝蓋骨の痛みを訴えており、バルサは今後数日間の回復次第だと発表している。一方、アンドレ・ゴメスも左腰にタックルを受けており、同様に出場が危ぶまれている。

 エルネスト・バルベルデ監督はこの状況に対し両選手をガンペール杯で出さない決断を下すだろう。なぜなら8月13日と16日にはレアル・マドリードとのスーペルコパ・デ・エスパーニャの2試合が控えているからだ。

【商品ページ】FCバルセロナ BRT S/S ホーム ユニフォーム 17/18 (スポンサーロゴ無し)

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部