クリスティアーノ・ロナウド不在の中で挑んだ試合、R・マドリードはマンチェスター・Uに先制点を許す。

 後半68分、新加入のDFテオ・エルナンデスがペナルティーエリア内でマンチェスター・UのDFヴィクトル・リンデロフにタックルを受け、審判はPKの判定を下した。

 この日、キッカーを務めたのはFWのカリム・ベンゼマやガレス・ベイルではなく、MFカゼミーロだった。GKダビド・デ・ヘアが守るゴールに、このブラジル人選手は落ち着いてゴールを決め同点に持ち込む。

 R・マドリードは2017―18シーズン初ゴールを挙げたカゼミーロの活躍があったが、PK戦の末マンチェスター・Uに敗れた。



【商品ページ】FCバルセロナ ジュニア BRT S/S ホーム ユニフォーム 17/18 (スポンサーロゴ無)


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部