4月2日のグラナダCF戦で右膝半月板を損傷し、チームから離脱していたラフィーニャは、来シーズン開幕前の完全回復を目指してトレーニングに励んでいる。

 ラフィーニャは『インスタグラム』に、リハビリメニューをこなす映像を投稿。4月時点では全治約4カ月と診断されていたが、8月7日に開催されるジョアン・ガンペール杯、シャペコエンセ戦での完全復帰を目標にしている。現在の回復状況については、今のところ計画通りに進んでいるようだ。





 ガンペール杯のあとには、8月13日と16日に行なわれるスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のレアル・マドリード戦が控えている。順調に行けば、バルサの背番号12番はエルネスト・バルベルデ新監督の貴重な戦力となることが期待される。

【商品ページ】FCバルセロナ ジュニア BRT S/S ホーム ユニフォーム 17/18

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部