執筆者
Ferran Martínez

 バルサU―12は、アメリカのニュージャージーで快進撃を続けている。パウ・モラル監督率いるチームは6月24日にグループリーグ最終節、ポルトガルのSLベンフィカを1―0で下しグループリーグ首位通過。同日に行われた準々決勝ではセビージャFCを同じく1―0で破り、準決勝に進んだ。

 バルサU―12は試合を通してセビージャを上回っていた。ボールを保持し、前半には2度の決定機を生み出した。1度目のチャンスでは、パウ・フェルナンデスがこぼれ球を拾いゴールを狙うも、セビージャGKの好セーブに阻まれた。2度目のチャンスでは、今大会4試合で3ゴールを決めている絶好調のイケル・ブラーボがゴールを狙うも、今度はポストに阻まれてしまった。

 試合終了4分前、ジョレンス・フェレスが右サイドに開く動きでボールを受け、中央のブラーボへラストパスを送り、これをブラーボが流し込み決勝点となるゴールを奪った。準決勝では、準々決勝でベンフィカを2―0で破ったバレンシアと対戦する。


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部