今夏に入団しない理由は、コパ・リベルタドーレス大会(決勝第2戦は11月29日)を終えてからのバルサ入団となっているからだ。

 エルネスト・バルベルデ氏は、2017―18シーズンでジェラール・ピケ、サミュエル・ユムティティ、ハビエル・マスチェラーノ、マルロン・サントスに加え、ミナが入ることでディフェンス陣に更なる厚みが増すと考えている(ジェレミー・マテューは移籍の可能性が高い)。

 だがミナは才能があるとはいえ、バルサのフットボールに慣れていない。そのため1月の加入後、まずは現在2部昇格を争っているバルサBでのプレーが予想される。

 900万ユーロ(約11億円)で加入予定のミナは195cmの身長を活かし、セルヒオ・ラモスやガリー・ケーヒルのような世界一流選手へと成長することが期待される。

 6月13日にヘタフェで行われたコロンビア対カメルーンの親善試合では2得点を挙げた。コロンビア代表監督のホセ・ペケルマン氏に指導を受けてから、ゴールを決められるディフェンダーとして磨きがかかっている。

 ミナが所属しているパルメイラスは、7月4日にバルセロナSC(エクアドル)とコパ・リベルタドーレス準々決勝を戦う。


親善試合コロンビアvsカメルーン、ミナは13番


【商品ページ】FCバルセロナ SQUAD BRT S/S トップ 17/18


MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部