その大会を前に、デニス・スアレスは代表でトレーニングしている写真をSNSに載せ、次のメッセージを添えた。「今日、私たちを希望で埋め尽くす大会が開幕する。もう早く始まってほしくして仕方がない」とガリシア州出身の選手は、スペイン代表が大会での本命の一つとなっているため、モチベーションが高まっていることを表明した。




 スペイン代表はグループリーグでポルトガル代表、セルビア代表、マケドニア共和国代表と対戦し、タイトル獲得の本命の一つと見られている。今大会でタイトルを獲れば、U—21欧州選手権において5度目のタイトル獲得となり、総タイトル数でイタリア代表に並んで最多となる。

 アルベルト・セラーデス監督のチームはトップレベルの選手たちを揃え、エクトル・ペジェリン、ジェラール・デウロフェウ、サウール・ニゲスといった選手たちによって構成され、さらには将来有望なカルロス・ソレール、マルコス・ジョレンテ・モレノなども所属している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部