執筆者
Javier Gascón

 21歳グリマルドは、2016年の1月にバルサを去り、2015―16シーズンはSLベンフィカでリーグ戦優勝を果たした。そして今シーズンは10月から4月までけがをしていたのだが、その時期を除き、ルイ・ヴィトーリア監督にとって同選手はレギュラー枠を獲得した。SLベンフィカは、2017年5月28日のカップ戦、タッサ・デ・ポルトガル(ポルトガル全国選手権)の決勝でヴィトーリアSCを2―1で下し優勝し、その試合でグリマルドは優勝の鍵となる活躍を見せた。今シーズンはリーグ戦で14試合に出場し、その中の試合でスタメン・フル出場は13試合となっている。

 トルコでは、コレイアがバルサを離れた2016―17シーズン、ベシクタシュでスュペル・リグを制覇した。今季は30試合に出場し、24試合でスタメン出場を果たした。

“ベテラン”マクスウェルは、2012年にパリ・サンジェルマンFCに移籍。今月27日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝アンジェSCO戦では、レイヴァン・クルザワがけがをしていたことによりスタメン出場を果たし勝利を収めた。通算37個のタイトルを獲得したマクスウェルは、この試合を最後に現役を引退した。

バルサグッズ専門店「メルカットバルセロナ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部