執筆者
Javier Gascón

 デウロフェウは、1月にエヴァートンFCからACミランへレンタル移籍して以降、先発の座を確保しており、ここまで計4ゴール直近の2試合では2得点を挙げている。ここ最近、デウロフェウはゴールゲッターとしての活躍を周りに印象付けている。

 5月21日、デウロフェウは第37節ボローニャFC戦でゴールを決め、3―0の勝利に大きく貢献した。
 デウロフェウのゴールはチームにとっても非常に大きな意味を持つこととなった。この勝利によってミランはリーグ6位の座を確定。2017―18シーズンのヨーロッパリーグ出場権を勝ち獲ったのだ。

 一方、アーセナルFCの右サイドバックを務めるベジェリンは、足首負傷と、アーセン・ベンゲル監督が3―4―3のシステムを用いていた関係により、ここ最近スターティングメンバーから外れる試合もあったが、既にけがから回復を果たしているようだ。

 ベジェリンは22日に行われたロナルド・クーマン監督率いるエヴァートンFC戦においてこぼれ球を押し込み、最終節にして2016―17シーズン初ゴールを挙げた。アーセナルは5位が確定、2017―18シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をあと一歩のところで逃してしまった。

 そのアーセナルは5月27日、FAカップ決勝チェルシーFC戦を控えており、ベジェリンとアレクシス・サンチェスは、ペドロ・ロドリゲス、セスク・ファブレガスと元バルサ選手対決をする予定となっている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部