執筆者
SERGI SOLÉ
 
 CLのグループリーグでは、まず32クラブを8チームずつ4つのポットに分ける。前シーズン優勝チームおよびUEFAカントリーランキングの上位7カ国の優勝チームをポット1に、残りのチームをUEFAクラブ係数に基づいてポット2から4に振り分ける。

 2016―17シーズン終了時の加盟協会クラブ係数ランキング(2012―13から2016―17シーズンの成績から係数を算出)に基づいて作成されるUEFAクラブ係数において、1位はレアル・マドリード、2位はB・ミュンヘン、3位はバルサだ。バルサは上位であるが、リーグ優勝を逃したためにポット1には入れず、ポット2に入ることになる。

 ポット1には、R・マドリードを筆頭に、B・ミュンヘン、チェルシー、ユヴェントス、SLベンフィカ、モナコ、FCスパルタク・モスクワ(ロシア)、FCシャフタール・ドネツク(ウクライナ)が入る。同じ国から出場したチーム同士での対戦が禁止であるというルール上、バルサのグループリーグでの相手はR・マドリード以外のこれらのチームのいずれかとなる。

 一方で、バルサはポット2に入るチームを避けることができる。ポット2にはパリ・サンジェルマンFC、ボルシア・ドルトムント、マンチェスター・シティFC、FCポルトに加え、もしマンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパリーグでアヤックス・アムステルダムを破り優勝することができれば、同チームも入ることになる。アトレティコ・マドリードと、セビージャFCはもしプレーオフに勝てばポット2に入るだろう。

 ポット3と4で強豪となるチームは、SSCナポリ、トッテナム・ホットスパーFCと、CL復帰を果たすリヴァプールFC、ASローマ、フェイエノールト、そしてアヤックスがもしヨーロッパリーグ決勝でマンチェスター・Uに負けた場合はここに入る。

 2018年5月28日のCL決勝は、ウクライナのキエフにあるオリンピスキ・スタジアムで開催予定だ。3年ごとに改定される大会規定の最新版によると、グループリーグは9月12日火曜日に始まる。2018―19シーズンのCLから、スペインの4チームがプレーオフなしでグループリーグに出場することができるようになる。

グループリーグ抽選予定は以下の通り。
(ポット1)
レアル・マドリード(スペイン)
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
チェルシーFC(イングランド)
ユヴェントスFC(イタリア)
ASモナコ(フランス)
SLベンフィカ(ポルトガル)
FCスパルタク・モスクワ(ロシア)
FCシャフタール・ドネツク(ウクライナ)

(ポット2)
FCバルセロナ(スペイン)
アトレティコ・マドリード(スペイン)
パリ・サンジェルマンFC(フランス)
ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
セビージャFC(スペイン)※プレーオフに勝利した場合
マンチェスター・シティFC(イングランド)
FCポルト(ポルトガル)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)※ヨーロッパリーグ優勝の場合

(ポット3、4)
SSCナポリ(イタリア)
トッテナム・ホットスパーFC(イングランド)
リヴァプールFC(イングランド)
ASローマ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ)
FCディナモ・キエフ(ウクライナ)
RBライプツィヒ(ドイツ)
アヤックス(オランダ)


バルサグッズ専門店「メルカットバルセロナ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部