エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われた2010―11チャンピオンズリーグ準決勝レアル・マドリード戦で、アフェライは右サイドから正確なクロスで、ゴールへ走り込んできたリオネル・メッシへ見事なアシストプレーを演出した。これがバルサの先制点となり結果は0―2で勝利、ファンには忘れられないシーンとなった。

 アフェライはバルサからFCシャルケ04(ブンデスリーガ)とオリンピアコスFC(ギリシャ・スーパーリーグ)へのレンタル移籍後、2015年にストークへ完全移籍しウイングを務めていたが、2016年11月から膝のけがにより離脱している。2011年10月にバルサ左膝の前十字靱帯を断裂した時と同じように、練習中に負傷し、シーズンを棒に振ることになった。

 アフェライは、バルセロナで膝のけがの専門医師として国内外で知られているラモン・クガット医師に手術を依頼した。現在はキロン病院にてリハビリに徹している。

 トレーニングの合間の休みを利用し、他のリハビリ仲間と病院近くのレストランで食事に行った後にアフェレイは本紙の取材に応じ、バルサで過ごした日々を振り返った。

「クラブにも、バルセロナの町にもとても愛着がある」とし、「ベルナベウでのレオ(メッシ)へのアシスト以外にも、とても良い思い出が残っている」と話した。バルサで長くプレーすることができなかったことについては、「本当にここが大好きだったし、いつもみんなが私によくしてくれていただけに、負傷したことは本当にがっかりしている」と同じく元バルサのマルク・ムニエッサとストークでプレーする同選手は嘆いていた。

「たくさんの愛情をありがとうとファンに伝えたい」  

 バルサ退団から5年も経った今でも、イビはバルサとのつながりを大切にしている。「それぞれが別の道を歩んでいるとはいえ、何人かの選手たちとは今でも連絡を取っている」と加えた。本紙の取材を通じ、「たくさんの愛情をありがとう、みんながうまくいくことを願っている」とアフェレイは自分に愛情を注いでくれたファンたちに感謝の気持ちを示した。

「バルサはリーガをあきらめてはならない」  

 プレミアリーグのクラブに所属しているが、アフェレイはバルサの試合を欠かさずチェックしており、レアル・マドリードが17日にリーガ優勝へ向けた決定的な1歩を踏み出した。しかし21日にバルサが逆転優勝する可能性はまだ残っているとし、「最後まで何が起こるか分からないのがサッカーだ。全ての力をピッチで出し切った上で、運があるのかないのか、Rの・マドリードの結果を気にするべきだ」と言及した。

「ベストな状態でプレシーズンを迎えることを楽しみにしている」  

 けがでの厳しい状況に直面しているにも関わらず、イビは来シーズンをベストな状態で迎えることを目標とし、「(けがの回復について)私は全く問題ない。忍耐強く、ベストな状態で来シーズンのプレシーズンを迎えることを楽しみにしている」とポジティブな姿勢を見せた。

【商品ページ】FCバルセロナ リストバンド FCBARCELONA

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部