執筆者
GABRIEL SANS

 マシップは3カ月前にバルサと1年間の契約更新をした。『ムンド・デポルティーボ』は両者が契約続行を承諾したことを伝えたが、その後チームの戦略が変わり問題が生じた。

 マシップは契約を破棄され、2017―18シーズンに向けて新しいチームを探さなければならない状況となった。同選手はバルサで2017―18シーズンに向けて契約を更新されない選手の1人目となった。

 クラブは、ルイス・エンリケ監督が退任するにあたり、今後の戦略を変える方針で話を進めている。ルイス・エンリケ監督はトップチームには3人のGKが必要だとしていた。しかし、バルサのスポーツディレクターはGKを2人しか必要ないとし、場合によっては下部組織からGKを一時引き上げる策略で進める考えだ。

 GKアドリアン・オルタラは、現在バルサからデポルティーボ・アラベスへレンタル移籍をしている。バルサBがセグンダ・ディビシオンに昇格した場合、同選手は2017―18シーズンにバルサ復帰する見込みだ。

バルサグッズ専門店「メルカットバルセロナ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部