執筆者
Francesc Aguilar

 ウンスエ氏は、親切で礼儀正しく、ユーモアを持ち合わせており、サッカーにおいても博識な人だ。独特な性格で、誰かに話を聞いてもらいたいときには、その人の注意を引くことができる

 彼の上司であり、友人でもあるエンリケ監督が2016―17シーズンを最後に退任を発表したあとから、その名前が話題に挙がった。ルチョ(エンリケ監督の愛称)の後任候補リストに入ったからだ。

 バルサのほとんどの選手たちが、同氏の仕事ぶりを高く評価している。最近は、自身が批判されるのを恐れず、思ったことを素直にコメントし続けており、またチームの状態がよくないときには、選手とスタッフの架け橋になった。

 そのような人物なので、バルサの選手たちは彼が第1監督になることを悪く思っていない。

 事実、同氏は十分評価に値する仕事をしている。バルサの第1監督にふさわしい人物の1人だ。

FCバルセロナ スポーツバッグ

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部