先日、2月15日に開催されたチャンピオンズリーグ戦にて、アーセナルは、バイエルン・ミュンヘンに5—1で大負戦したことを批評。さらに、この20年以上続いた、アーセナルでのベンゲル監督の契約更新を承諾するかどうかに注目されると語った。

「ここ10日間ほど、ベンゲル監督の批評は、ファン、元選手や記者等を通じ、彼はすでに監督としての役割を果たせない、という見解であった」。さらに、2月18日に開催されたFA杯、0—0の引き分けで終了したハダースフィールド戦では、選抜メンバーのみで試合を行うべきではなかったのか、と自問しつつ「監督という職業とは、誰からも尊敬されていない仕事だ。このことを肝に銘じておかないといけないが、世間ではそれに対して、さまざまな意見が言われている」と語った。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部